キャリア形成の足掛かり:UNDPジュニア・プロフェッショナル・プログラム

    ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)の仕事は、現地の市民社会とのフィールドワークが必要とされる。上図は、UNDPのJPOとして勤務するPatricia Pachecoさんがペルーのイキトスのコミュニティーラジオを活用して、HIV予防と性による暴力に関するプログラムを告知する様子。(写真提供:UNDP)

    毎年国連開発計画(UNDP)では、ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)を何百人も採用しているが、開発分野で将来活躍したいと考えている若い人々の間で人気のあるポジションだ。

    JPOは、数あるUNDP事務所の中から一事務所に派遣され、例えば、国連女性開発基金、国連合同エイズ計画、国連開発業務調整事務所等で勤務を行う。

    About the author

    • Antoine Remise

      Antoine is a former international development correspondent for Devex, based in Paris. He holds a bachelor's in political science from the Institut d'Etudes Politiques of Lille and a master's in development administration and planning from the University College in London. Antoine has conducted researche for development projects in Chile, Senegal and Uganda, notably on education, health, local saving systems and housing issues. He is fluent in French, English and Spanish.

    Join the Discussion